経済学者 植草一秀氏 「東京オリンピック パラリンピック中止がもたらす希望の灯」 [ベクトル空間★]

1:2021/04/06(火) 10:46:15.08ID:m+Y3fbIW9 五輪中止がもたらす希望の灯
https://www.data-max.co.jp/article/41024

全文はリンク先

コロナ感染も再拡大している。
3月21日をもって緊急事態宣言を解除したことが、その後の人流拡大に拍車をかける主因になった。
人流拡大が感染リスクを上昇させる。
多人数での会話をともなう会食機会の増加が感染を拡大させる。
感染を引き起こすのは会食だけでなく、カラオケも重要な原因になるが、感染機会の拡大は人流拡大に連動する

感染が生じるのは午後8時以降、9時以降と限らない。
昼間の時間帯でも、多人数で会話をともなう会食をすれば感染は拡大する。
昼間の時間帯でも、狭い空間に多人数が集まり、マイクを使い回してカラオケに興じれば感染は拡大する。
飲食店の営業時間抑制ではなく、多人数で会話をともなう会食機会を抑制することが重要だ。
遅い時間帯でも、「個食」「黙食」であれば感染は広がらない。
「家族限定の会食」でも感染は広がらない。
効果的な感染対策が必要だが、まったく実行されていない。
3月21日以前と以後で、感染抑制策は強化でなく緩和された。
一部都道府県に「蔓延防止など重点措置」が実施されても、それ以外の地域には適用されていない。
春休みで大都市圏から全国各地への人流が拡大している。
全国各地で会話をともなう多人数での会食機会が増大している。
新規陽性者数として顕在化するのに約3週間の時間がかかる。
五輪組織委員会が創出している利権ファースト「商火リレー」での感染機会拡大も3週間後の新規陽性者数増加
をもたらす。
4月から5月にかけて緊急事態宣言発出に追い込まれれば五輪を中止するしかなくなる。
すでに東京五輪に対する世界の評価は地に堕ちている。
このなかで聖火リレーを強行し、緊急事態宣言再発出に追い込まれ、挙句の果てに、「日本がコロナに敗北した
証」としての五輪開催中止となれば、日本のイメージは史上最悪の水準に低下する。
結果として菅内閣が終焉することが唯一の救いになる。

354:2021/04/06(火) 20:30:19.18ID:8PJXUbSZ0

希望の灯は手鏡から

26:2021/04/06(火) 10:54:55.07ID:kAkbzqB30

天地天明に誓って
無宗教です

117:2021/04/06(火) 11:24:50.45ID:UdeLg5I90

警察に手鏡没収されたニュース笑った

343:2021/04/06(火) 20:16:43.12ID:eASBX3sJ0

仏独伊ロックダウンで運動会どころじゃない

309:2021/04/06(火) 19:51:37.73ID:YKy4O6VR0

おまえら、もう許してやれ

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA