米国防総省報道官「尖閣巡る政策に変更なし」 23日の「日本の主権を支持する」とした発言を修正し、「混乱を招いて申し訳ない」と釈明 [上級国民★]

1:2021/02/27(土) 08:05:09.44ID:ogP1RlTN9 米国防総省報道官「尖閣巡る政策に変更なし」 発言修正
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN26EWJ0W1A220C2000000/

【ワシントン=永沢毅】米国防総省のカービー報道官は26日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島を巡って「米国の政策に変更はない」と述べ、尖閣の領有権について特定の立場をとらないとしてきた従来の見解を踏襲すると表明した。「日本の主権を支持する」とした自身の23日の発言を軌道修正した。

カービー氏は「米国は現状変更をめざす一方的な行動に反対する」と述べ、海警局の船を用いて尖閣周辺の日本領海への侵入を繰り返す中国を批判した。「バイデン大統領が菅義偉首相に強調したとおり、日米安全保障条約第5条のもとで尖閣を含めて日本を防衛する立場は揺るぎない」と語った。

カービー氏の23日の発言は日本の領有権を認めるかのような印象を与え、臆測を呼んでいた。同氏は26日の会見で「混乱を招いて申し訳ない」と釈明した。

541:2021/02/28(日) 03:47:03.90ID:A8TlNKug0

>>538
おめでてーなw
1ヶ月後もういっかい同じ事書き込んでみなw

405:2021/02/27(土) 14:11:01.19ID:pFwe7GcS0

>>404
それじゃあ簡単に油断するバカみたいじゃないか
そんな甘い連中ではないよ

67:2021/02/27(土) 08:30:59.21ID:skr0TdYV0

尖閣インシデント 第二日

われわれはまず「ブルーチーム」つまりアメリカとしてゲームをプレイした。
アメリカは締結した条約を守ると言う点では人後に落ちない国である。
だから、日本やアジアだけではなく、ロシア、イラン、NATO、サウジアラビア、イスラエル、その他の国々もまた
アメリカがその緊密でかつ古い同盟国からの助力要請にどう対応するかを注視している。
しかし、同盟国との条約も大切だが、そのために無価値な岩礁をめぐってもう一つの世界大国である中国を相手に
戦争を始めるというのはあってはならない選択である。
というわけで、われわれは日本の領土を米国の海空軍で守ることを提案しつつ、
それと同時に中国軍を相手にいかなる攻撃的行動も取らないというむずかしい道を選んだ。

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA