【イギリス】 ウィリアム王子、4月に新型コロナに感染するも隠していた [影のたけし軍団★]

1:2020/11/02(月) 11:42:12.97ID:MJ6dKtqS9 イギリスのウィリアム王子が今年4月、父であるチャールズ皇太子、そしてボリス・ジョンソン首相が新型コロナウイルスに感染後、
自身も感染するが「誰も心配させたくない」と秘密にしていたと The Sun が報じた。

BBCは、正式なコメントは得られなかったが、今年初めに感染したことは事実だと複数の宮廷関係者が認めていると伝えている。

The Sun によると、ウィリアム王子は政府のガイドラインに従って隔離措置を取り、宮廷医の治療を受けていたとのこと。

チャールズ皇太子、ジョンソン首相と感染が続いただけに国民がパニック状態に陥ることを憂慮し、
「今は重要なことが行われている。わたしは誰も心配させたくない」と感染を隠して、テレビ電話など遠隔での公務を変わらず続けたという。

関係者は「ウィリアムはウイルスにひどくやられました。ある段階では、彼は呼吸することも困難でした。
ですから、周囲の人間はかなりのパニック状態でした」と語っている。

関係者は「彼は人々を心配させたくなかっただけなのですが、自身の経験として、(高齢者や基礎疾患がある人たちだけでなく)
誰もがこのひどい病気にかかるということ、そしてイングランドでの2度目のロックダウンをわれわれ全員が真剣に捉えることが
いかに重要かということを理解しています」と続けている。
https://www.cinematoday.jp/news/N0119607

71:2020/11/02(月) 12:32:50.75ID:+IlWtFbo0

後遺症で抜けました

42:2020/11/02(月) 12:06:34.74ID:mImUhneO0

WTO事務局長選で韓国に付いたアメ豚に鉄槌を!
韓国人がWTOのトップになったら日本は常に貿易紛争で不利になる

戦後、アメリカ(GHQ)は在日チョンに特権をあたえた。
それが在日特権のはじまり。日本人は決してアメ豚を信用してはならない!
日本からアメ豚のコンテンツや製品やサービスを追い出そう!

GHQ検閲 「朝鮮人に対する直接・間接の一切の批判を禁じる」
http://gofar.skr.jp/obo/archives/8798

アメリカが戦後も続けていた「心理戦」とは 日本には今もその影響が残っている
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07160605/?all=1
>>日本人はなぜ自虐的になったのか(1)

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA