【京都】市営住宅女性殺人事件、消えたスマホと鍵が示す犯人像 「周辺住民も知らない元同棲相手がいて、合鍵を持っていた可能性もある」 [樽悶★]

1:2020/10/20(火) 18:23:25.47ID:n8eAc0UP9  スマホと鍵を持ち去った犯人の目的は何か。

 今月11日に京都市の市営住宅で住人のアルバイト女性、山村留美乃さん(24)が刺殺された事件で、現場から山村さんのスマホと自宅の鍵が消えていたことが分かった。

 山村さんは、3LDKの間取りに1人暮らしだった。職場から「2日間欠勤している」との連絡を受けた親族が11日午後2時ごろに室内に入り、寝室の布団の上で血を流して倒れているのを発見した。

 遺体は首や胸、背中など10か所以上の刺し傷があり、即死状態。手には身を守ろうとした際にできた防御創もあった。心臓に達する傷もあり、死因は心臓の周辺に血がたまって圧迫される「心タンポナーデ」だった。

 京都府警のこれまでの捜査では死亡推定時刻は9日夜。玄関の鍵は施錠され、寝室の扉も閉められていた。18日まで行われた現場検証では室内は荒らされた様子はなく、山村さんの財布も残っていたが“あるモノ”がなくなっていた。

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA