【朝日新聞デジタル】大阪・ミナミで検査へ 吉村知事「どんちゃん騒ぎ」懸念 [爆笑ゴリラ★]

1:2020/07/12(日) 22:19:01.63ID:oCG4pAEb9
7/12(日) 22:02
朝日新聞デジタル

大阪・ミナミで検査へ 吉村知事「どんちゃん騒ぎ」懸念
対策本部会議後、記者会見する大阪府の吉村洋文知事。府が発行する感染防止宣言ステッカーを掲げて説明した=2020年7月12日、大阪府庁、久保田侑暉撮影
 新型コロナウイルスの感染者が再び増え、独自基準「大阪モデル」に基づいて黄信号を点灯させた大阪府は12日、対策本部会議を開いた。若者の感染が広がっているとして、感染症対策を取っていないバー、キャバクラ、ホストクラブなどの利用自粛を府民に呼びかけた。

【写真】新型コロナウイルスの新規感染者が増え、黄色にライトアップされた太陽の塔=2020年7月12日午後8時8分、大阪府吹田市、朝日新聞社ヘリから、井手さゆり撮影

 具体的には、(1)3密で唾液(だえき)が飛び交う環境を避ける(2)ガイドラインの順守などを示す感染防止宣言ステッカーのないバー、キャバクラ、ホストクラブなど「夜の街」の店の利用を自粛する(3)高齢者や基礎疾患のある人は感染リスクの高い環境を避ける――の3点を呼びかけた。新型コロナ対応の特別措置法29条に基づく協力要請で、黄信号が点灯している間は7月末までを期間とする。

 府が懸念するのは夜の繁華街で「どんちゃん騒ぎ」(吉村洋文知事)する若者を通じた感染だ。6月14日から7月11日の感染者計209人を分析したところ、3割強の70人が大阪・ミナミのクラスター(感染者集団)など「夜の街」関連のものだった。また、全体の78%が18歳以上30代以下だった。

 このため、府は週内に大阪・ミナミに、臨時のPCR検査の検体採取場を設置する。吉村知事は「(ミナミの検査場では)無症状でも検査すべきだ」との考えを示した。

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-08-19 16:18:35.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA