【社会】 手書きの遺言書 法務局で預かります 自筆証書遺言書保管制度 10日スタート [朝一から閉店までφ★]

1:2020/07/09(木) 06:44:43.47ID:SNzH4XIh9 富山2020.07.08 19:23

 手書きの遺言書を、法務局で保管してもらうことができる国の新しい制度が10日から始まります。これまで自宅で保管していた手書きの遺言書を紛失したり、改ざんされたりすることを防ぐのが大きな目的です。清水記者のリポートです。

 「お願いします」

 「こんにちは、遺言書保管手続きのことですか」

 富山市牛島新町の富山地方法務局供託課です。10日から、ここで自分で書いた手書きの遺言書を預かってもらうことができます。

 遺言書には、主に自分で手書きで作る「自筆証書遺言」と、法律の専門家である公証人の立ち合いのもとに作る「公正証書遺言」があります。作るのに費用がかかる「公正証書遺言」に対し、「自筆証書遺言」はお金はかかりませんが自宅などに、自分で保管しなければなりませんでした。

 しかし、新たにはじまる制度を利用して法務局に預けることで、遺言書がなくなってしまったり、中味を改ざんされたりなど、相続をめぐるトラブルを防ぐことができるほか、遺言書の形式の不備を事前に指摘してもらうこともできます。

 富山地方法務局 小田時彦供託課長
「民法の定める方式にのっているか否かの確認を行いますので、例えば遺言書に日付がない、ないことによって無効になるといったような事案の発生を防ぐことができます。」

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-08-13 12:58:53.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA