【熊本】国宝の神社に濁流、床上1メートル…文化財の橋欄干も損壊し声震わす宮司 [爆笑ゴリラ★]

1:2020/07/05(日) 09:42:52.02ID:lUDw9jdG9 7/5(日) 9:35
読売新聞オンライン
 
 熊本県人吉市上青井町にある国宝・青井阿蘇神社も、拝殿の床上1メートルの高さまで濁流が流れ込んだ。同神社の門前にかかり、国登録有形文化財に指定されている「禊(みそぎ)橋」は欄干が損壊した。

 同神社の宮司・福川義文さん(56)によると、4日午前7時過ぎに濁流が押し寄せた。3連アーチ橋の禊橋をのみ込み、赤い欄干をなぎ倒したという。福川さんは「こんな洪水はこれまで経験したことがない」と声を震わせた。

 県によると、同神社は2008年、拝殿や本殿などが国宝に指定された。1610(慶長15年)〜13年に造営され、黒塗りで傾斜が急なわらぶき屋根などが特徴で、桃山期の華やかな意匠を持つ。

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA