【都知事選】山本太郎は旋風吹かず 野党票割れも響く [緑の人★]

1:2020/07/05(日) 20:44:01.83ID:Ym6MJsMl9 東京都知事選は5日、投開票され、現職の小池百合子氏(67)が再選を果たした。

強力なライバル不在の中、公務を優先、新型コロナウイルス感染症対策に打ち込む現職をアピールしたが今後も
コロナ対策や東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催など、課題は山積みだ。
前回選挙で掲げた目標もほぼ達成できず、1期目以上に厳しい目で見られ、2期目は政治家として正念場を迎えることになる。

れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、昨年の参院選のようなブームを起こすことはできなかった。
野党は現職の小池氏に対抗するため統一候補の擁立を目指し、一時は立憲民主党が山本氏を念頭に調整を進めた。
しかし、野党共闘の条件に「消費税5%」を主張する山本氏とは折り合わず、山本氏と宇都宮健児氏の事前協議も物別れに。

立民、共産、社民両党は宇都宮氏の支援に回り、国民民主は自主投票と、野党票は分散。
山本氏にとっては、告示直前となった出馬表明の遅れも響いた。

コロナ禍の選挙で事前に告知しないゲリラの街頭演説という「地上戦」を、ネットでライブ配信する「空中戦」を展開。
公開討論会がほとんどなかったことには「当然、(選挙戦に)影響があった。
小池さんが表面的な事で成り立っているのを暴けた」と強く反発した。

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-07-06 03:30:49.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA