【研究】 太陽が熱を出す仕組みを用いた「レーザー核融合」 世界一の効率で超高温・超高圧を実現/大阪大学

1:2019/12/24(火) 16:06:39.91ID:sd/qsPGy9 ◆ 究極のエネルギー「核融合」阪大が一歩前進

太陽が熱を出す仕組みを用いた未来のエネルギーとして期待される「レーザー核融合」大阪大学などの研究グループが世界一の効率で超高温・超高圧を実現させることに成功しました。
高い出力のレーザーにより、海水を原料とする燃料を高密度に圧縮し高温で加熱することで、人工的に核融合反応を起こし莫大なエネルギーをえる手法が「レーザー核融合」です。

わずか1グラムの燃料から石油8トンに相当するエネルギーを生み出す「究極のエネルギー」として注目されています。
地上での実現には太陽と同じ環境を作ることや費用が莫大なことが長年の課題となっています。

大阪大学らによる研究グループは実現に向けて世界一の効率で超高温・超高圧を実現させることに成功したと発表しました。
順調に進めば原子力発電などに取って代わるものとして熱い期待が寄せられています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00030943-mbsnewsv-soci
☆ソースに動画があります

167:2019/12/24(火) 17:41:52.04ID:Yxpf3TuG0

トカマクとレーザーはどっちが先行してるの?

295:2019/12/24(火) 22:13:30.04ID:E1W9CKb+0

これ完成したら、もう一度アメリカと戦争して世界征服しようぜ!

43:2019/12/24(火) 16:18:13.73ID:EF+EMng50

早くこれを実用化して
二酸化炭素をグラファイトの粉に変えて大気中から除去するプラントを作ってくれ。

グレタが煩くてかなわん。

212:2019/12/24(火) 18:25:14.95ID:tYNUjF500

シムシティだと2050年くらいに核融合発電所、だったっけか?
建設費は高いけど、無公害で超強力な発電力なチートなやつ

113:2019/12/24(火) 16:46:31.48ID:PTUlJNx30

まあ核融合炉で原爆使うわけにもいかんならな

1 2019/12/25(水) 09:51:25.60ID:QOemS8C10

農林水産省は24日、豚(とん)コレラ(CSF)の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更するとして、来年の通常国会に
家畜伝染病予防法の改正案を提出する方針を明らかにした。人のコレラと紛らわしく風評被害の恐れがあることから、
既に「CSF」の呼称を独自に使用してきたがアルファベットの略称では法律上の名称とするのは困難との見解が
法制局から示されたため新たに別名を考案した。

 アジアで感染が広がるアフリカ豚コレラ(ASF)は「アフリカ豚熱」とする。ただ農水省は「基本は国際的に通用している
『CSF』や『ASF』を使って定着を目指したい」として、法律の規定とは異なる名称を使い続ける方針。いくつもの病名が
乱立する事態となり、分かりにくさが増しそうだ。

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA