【売国政権】#江田憲司衆院議員「カジノ、結局は政治家の利権に化ける」

1:2019/12/23(月) 22:43:40.01ID:DjKtUlij9  江田憲司衆院議員は毎日新聞政治プレミアに寄稿した。横浜市が誘致を表明しているカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について「深刻な依存症と治安や風紀の乱れを招く」として断固反対するとしている。

 横浜が地元の江田氏は「現在でもギャンブル依存症の患者が日本には約320万人いると言われ、先進国では最も多いとされている。カジノの影響は既存のパチンコや競輪、競馬、競艇などの比ではない」と指摘。依存症対策で多額のコストがかかるとして、プラスの経済効果だけではなくマイナスも含めた費用対効果を分析すべきだとした。

 また世論調査で一貫して反対意見が多数を占めていることをあげ、「なぜこんなものを強行するのか。バックには利権がある。カジノ、国際会議場、ホテル、多大な投資があることは確かだ。その意味での一時的経済効果はあるが、結局は政治献金になって政治家の利権に化ける」と訴えた。

12/23(月) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000010-mai-pol

1 2019/12/25(水) 09:51:25.60ID:QOemS8C10

農林水産省は24日、豚(とん)コレラ(CSF)の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更するとして、来年の通常国会に
家畜伝染病予防法の改正案を提出する方針を明らかにした。人のコレラと紛らわしく風評被害の恐れがあることから、
既に「CSF」の呼称を独自に使用してきたがアルファベットの略称では法律上の名称とするのは困難との見解が
法制局から示されたため新たに別名を考案した。

 アジアで感染が広がるアフリカ豚コレラ(ASF)は「アフリカ豚熱」とする。ただ農水省は「基本は国際的に通用している
『CSF』や『ASF』を使って定着を目指したい」として、法律の規定とは異なる名称を使い続ける方針。いくつもの病名が
乱立する事態となり、分かりにくさが増しそうだ。

 新たな名称の「豚熱」は日本獣医学会が考案した。農水省は11月に「classical swine fever(古典的な豚の熱病)」
の略称である「CSF」に呼称を変えたが、この名称では法改正が困難とされたことを受け、代わりの病名を付けるよう同学会に
要請していた。

 農水省は家畜伝染病予防法の改正案に名称変更のほか、アフリカ豚コレラの水際対策で旅行者の手荷物を検査する
家畜防疫官の権限を強化することなどを盛り込む方針。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201912/CK2019122502000127.html

64:2019/12/24(火) 00:12:38.47ID:qMvlRMHg0

カジノ利権導入すれば撤退不可能 誘致自治体に訴訟リスク
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-09-25/2019092515_01_1.html   

■萩生田光一自民党幹事長代行(当時、8月8日)の発言
 「海外の投資家やオペレーションをめざしている企業の方々からは、IR区域の認定に最初に10年間の許可を与え、5年間ごとに更新の手続きをすることになっていることがIR事業者の大きなリスクになっていることはわれわれも承知している」

 「あえてこの場で申し上げるが、基本方針をつくる中で解説をきちんと入れさせる。10年たったときに、知事や市長や議会の構成がかわって『やっぱりあんたたち出て行ってくれ』といっても訴訟になる。これはどうあっても自治体の側に非があるということになる」

 「大きく安定的なビジョンがあって、投資がはじまってしまっているのだから、10年たったときに首長がかわったからといって『事業をただちにやめろ』ということはできないようになっている」  

16:2019/12/23(月) 22:52:21.65ID:atO8GHxu0

安倍政権がパチンコ潰ししようとしてるから在日チョンが安倍政権を倒そうと必死

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-06-27 04:42:06.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA