山口敬之氏「伊藤さんはAのベッド、わたしはBのベッドに寝ていました。トイレの後、伊藤さんがわたしの寝ていたAのベッドに入ってきました」

1:2019/12/24(火) 14:46:14.43ID:fDcsc4DT9 ■
 わたしは今年7月8日に行われた民事裁判を傍聴している。6時間にわたる口頭弁論の中でも、この部分は特に印象的だった。当時のメモをたどれば、次のようなやり取りが法廷で行われていた。
 原告側の代理人(伊藤さん側の弁護士)による被告人尋問の場面である。

原告側弁護士「ドア側のベッドをA、窓側のベッドをBとして、それぞれが使用したベッドを教えてください」
山口さん「伊藤さんをAに寝かせ、そのあとBにわたしが横たわった」
弁護士「性行為が行われたのはどちらのベッドですか?」
山口「Aです」
弁護士「(4月18日に)伊藤さんへ送ったメールで『ゲロまみれのあなたをベッドに寝かせた』とありますが、これはAのベッドということですか?」
山口「そうです」
弁護士「(伊藤さんへのメールで)『(トイレに立った伊藤さんが)わたしの寝ていたベッドに入ってきました』とありますが、これはどちらのベッドですか?」
山口「Aです」

 山口さんが「Aです」と答えたとき、傍聴席が軽くざわついた。「Bに横たわった」はずの山口さんが「わたしの寝ていたベッド=A」と答えたことになるからだ。矛盾している。
 山口さんはこのあと、「(メールの中の『わたしの寝ていたベッド』とは)宿泊したホテルのわたしのベッドという意味」と述べたが、苦しい説明だと感じた。裁判所の下した判断は、「矛盾」だった。


 この他にも、山口さんへの尋問について気になった点はいくつかある。伊藤さんに対して送った「吐瀉物が公的書類にかかり再発行の手間がかかった」という内容のメールについて、なんの公的書類かと聞かれて、「覚えていない」。
 また、伊藤さんが嘔吐したにもかかわらずシャワーも浴びずに早朝にホテルを立ち去った点について、同意の性交であったのであれば不自然ではないかと問われると、「それは伊藤さんに聞いてください」と返した。伊藤さんの主張は、同意のない性交が行われたから、である。
 判決ではこの点について、「原告が被告との間で合意の下に本件行為に及んだ後の行動としては,不自然に性急であり,むしろ,本件ホテルから一刻も早く立ち去ろうとするための行動であったとみるのが自然」としている。「伊藤さんに聞いて」ではなく、山口さんが当時どう感じたのかを知りたいと感じた。

全文はソースで
12/23(月) 15:13
https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/20191223-00156004/

3 2019/12/23(月) 22:41:33.05

アイドルって可愛い子しかなれないんじゃないの?

176:2019/12/24(火) 15:09:19.44ID:39OVuVoP0

>>1
結局本人が主張する首しめられたなど暴行のあとがあるカルテは提出されてないんだよなあ、直後に精神科整形外科にいっているにもかかわらず
5時に暴行された、歩行困難と言ってるのに
5時50分くらいに 大またで元気に歩いている様子がカメラに映っている
つまり彼女は大嘘つきなんだよ
youtu.be/6_JM4ef3Gt4?t=809

210:2019/12/24(火) 15:11:54.67ID:FJIXX+Ze0

>>22
これがレイプじゃないとか思うお主らがやばすぎ日本

325:2019/12/24(火) 15:21:38.84ID:FJIXX+Ze0

>>263
アホウヨはDD論好きだなぁ

567:2019/12/24(火) 15:38:07.19ID:ZnZPHq/80

メールでゴムなしセックスの理由きかれて
僕の精子は弱いから妊娠しないとか答えてる時点で同意あったと考えにくい
山口の方が酒で頭いかれてたんじゃないの

160:2019/12/24(火) 15:08:15.78ID:eYoIFufh0

>>126
>伊藤さんの匂い

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-02-22 22:02:28.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA