ただの石ではない! 海岸で発見された“約1700万年前の化石” その正体は?【新潟・佐渡市】 [ヒアリ★]

1:2020/08/25(火) 21:04:43.42ID:R59Aipk99 ただの石ではない! 海岸で発見された“約1700万年前の化石” その正体は?【新潟・佐渡市】

8/25(火) 19:13
配信
NST新潟総合テレビ

佐渡市で約50年前に発見された“化石”が佐渡博物館で展示されることになり、24日に改めて鑑定が行われました。

ギザギザとしたくぼみがある石。実はただの石ではありません。

【飯山弘さん】
「最初は、コンクリートにマツカサが入ったんだと思っていた。そう思っていたけど、人に見せたら『これはコンクリートじゃないよ。石だよ』と」

約50年前に佐渡市相川地区の海岸で見つかったというこの石。飯山さんは当時、この石の発見者から譲り受け専門家に調べてもらうと「2500万年前の“松ぼっくりの化石”」との鑑定を受けました。

その後も50年間、飯山さんが大切に保管していたこの化石が、来年開かれる『佐渡の化石特別展』に展示されることになり、24日専門家が改めて石の鑑定を行いました。

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA