梅毒 ブレイクアウト

1:2019/12/17(火) 18:07:52.54ID:EnUVcQAN0●
 先週、国立感染症研究所が今年の12月1日までの梅毒患者報告数が、2年連続で6000人超えになることを明らかにした。
6000人を超えるのは1970年以来となるが、一時は比較的落ち着いていた患者数が2015年から急上昇を見せ始めている。

 独協医科大学埼玉医療センターで泌尿器科医を務める小堀善友医師は「そもそも梅毒はHIVと一緒でゲイの人に多い病気だった。
それがここ5年、とくに若い女性にすごく多いというのが特徴になっている」と傾向を話した。今年前半の報告では女性患者1,117人のうち、1割近くにあたる106人が妊婦であったこともわかっている。

 日本では1510年以降に広がったとされており、杉田玄白が書いた医学書には「患者1,000人のうち700〜800人が梅毒患者」といった記述もあったほど、かつて日本では大流行していた。
1927年には梅毒患者をマラリアに感染させる荒療治をオーストリア人のワーグナー・ヤウレック医師が行い、このトンデモ治療法が後にノーベル生理医学賞を受賞している。

powered by Auto Youtube Summarize

Originally posted 2020-06-20 03:20:49.

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA