【生活保護】「ヤクザのなれの果て」貯金も職もなし…引退後の現実★2 [アルカリ性寝屋川市民★]

1:2020/08/21(金) 21:23:48.87ID:DmMOQWZh9 最近、所属していた組が解散したのを機に、引退した70代の元組員がいる。家賃が月約3万円の大阪府内のワンルームマンションに一人で暮らしている。

 10代で組員になり、ヤクザ歴は50年以上。所属する組は何度か変わり、自分の組をもっていた時期もある。だが、今は貯蓄も仕事もない。生活保護を受けようとしたが、市は申請を2度却下。理由は「暴力団員であるため」だった。

 組をやめた場合、通常、組が除籍したことを示す「状」を出す。地元の警察署で示して離脱したことを説明し、警察が確認して組員としての登録を外す。だが、離脱後の5年間は、組関係者として扱われることが多い。一般的に口座も開設できないままだ。

 この男性の場合、組が解散したため、離脱を示す状の出しようがない。警察署で「組の解散に伴い渡世から身を引くことになりました。つきましては一般社会人としてやっていきます」という旨の上申書も書いた。

 昨年末、最初の生活保護申請をしたが、却下された。そろそろ離脱が認められているかと思い、年明けに2回目の申請をしたが、再び却下。今春に3回目の申請を出し、ようやく組員でないことが認められて申請が通った。

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA