【コロナ】数字で比較 第2波の重症化・死亡リスクはかなり低い? [首都圏の虎★]

1:2020/08/18(火) 09:29:58.60ID:c5gRHB9I9 第2波(7月1日〜8月11日とする)までに11人が亡くなっている。期間中の最初の死亡は7月15日なので、この11人全員を、第2波の犠牲者としていいだろう。

 それぞれの期間中の感染者数をもとに計算すると、第1波の致死率は「6・1%」、第2波は「0・1%」となる。第2波は、死亡数も致死率も、圧倒的に低いことが分かる。

全国に目を向けても、大半の道府県では、重症者がほとんど増えていない。ただ、千葉県、愛知県、沖縄県で数人増えた。特に大阪府では、7月1日から8月11日の間に3人から49人に増えている。この間の死亡数は11人だったが、今後、大幅に増えることが懸念される。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/6cae0fde94d343d0f76fa7631a4df279608c1afd

176:2020/08/18(火) 11:33:41.21ID:GuOD9oU00

日本で新型コロナを一番よく理解しているのは武田先生。武田先生の言うこと聞いてれば間違いない。

189:2020/08/18(火) 11:53:04.27ID:CR7fuuE+0

重症化リスクは低くても
感染者が増大して医療機関の逼迫が深刻化するんだろうな

91:2020/08/18(火) 10:18:48.01ID:I2T/hqt10

死者数が大したことないのがバレてくると、今度は後遺症を持ち出して騒ぐ奴らって何が目的なの?

249:2020/08/18(火) 12:45:21.49ID:7u69KgYH0

>>207
最近明らかになってきた事

家族に1人でも陽性者がいたら老衰でもコロナ死となる

powered by Auto Youtube Summarize

次のページ↓

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA